家計が厳しい時は、即日融資可能なキャッシング業者がお勧めです

一時的に家計が厳しくなる時というのは、誰にでもあると思います。私も特に若い頃は、時々ありました。大学の奨学金などの繰り上げ返済をしていたので、経済的に余裕がなかったこともあります。

 

そのような時に、大学時代や高校時代の友人の結婚ラッシュが続き資金が足りなくなってしまったのです。当時は私も奨学金以上の借金を持つことを怖がり、ある友人の結婚式の参加を断ってしまったことがあります。

 

その時はお金を借りるのはいけないこと、という意識があったのです。奨学金ですら抵抗感があったくらいです。ぎりぎりまで考えましたし、即日融資可能なキャッシングという存在も知っていたので申し込み寸前まで行きました。ただ結局は参加しませんでした。

 

でも後で考えると、大切な友達の結婚式になぜ参加しなかったのか、と後悔しました。もちろん消費者金融やカードローンのキャッシングを必要以上に利用することはお勧めできません。

 

でも本当に仕事や生活に必要な資金、大切な人間関係に関するお金なら積極的に利用したほうがいいと思います。そのタイミングでお金が使えないと損害が大きいです。

 

例えば二度と受けられないビジネス関係のセミナーとか、先延ばしすると怖い病気の治療、結婚式や友人関係の大事な集まりなどです。

 

逆にギャンブルやブランド品の購入、贅沢な生活をするための費用などにはお金の借り入れをしてはいけません。これは癖になりますし、一時的にでも必要以上に生活レベルを上げてしまうとずるずると借金を繰り返し多重債務者になる危険もあります。

 

このように必要な借り入れとそうではないものの違いを認識して、賢くキャッシングを活用していきましょう。

 

そして借りたお金は計画的に返済をしていくようにします。会社員ならボーナスが出るところが多いので、お金を借りた次の賞与の時を最大の借り入れ期限として完済してしまえばいいと思います。

 

できれば普段からしっかりと貯金をしておけばいいのですが、若い頃は仕事に必要なものを揃えたり、給料が安い割に仕事関係の付き合いで出費をしたりといろいろあります。

 

そのような時にぎりぎりまで我慢したとしても、必要なものであれば即日融資可能なキャッシング業者を利用するなどして、最終的にはお金を用意するべきです。

 

特に後から考えて後悔するものなら、借り入れを躊躇してはいけません。この時期に借金と上手く付き合っていけるようになれば、後々まで役に立つと思います。

 

キャッシングやカードローン、お金に関する情報を提供

 

このサイトでは、消費者金融やカードローンなどキャッシングに関する情報や、お金に関する総合的な情報を提供していきます。

 

日本では、子供の頃からお金に関する話題はタブー視されている傾向があります。子供がお金に興味を持っても、そこから親が注意をそらすようなことを言ったりするのが当たり前です。

 

そしてお金の勉強をしないまま、社会人になってしまい大人になってから苦労するのです。そもそも子供にマネー教育などをしないといけない親や学校の教師自身が、お金についての知識がないので教えることができないのです。

 

昔ならそれでも、怪しげな儲け話やギャンブルなどに手を出さなければさほど問題が起きませんでした。ところが現代では、いろいろと人間が自然と判断しにくいような罠がたくさん世の中に溢れています。

 

特に贅沢品の購入に消費者金融やカードローンのキャッシング、クレジットカードのショッピングなどを使うのは要注意です。上手く利用しないと多重債務者になってしまうようなものは気をつけなければなりません。

 

もちろん必要な資金を、即日融資可能な借り入れをすることで賄うことは有効です。

 

ただ何も考えずにリボ払いで借入を続けていると、将来的に莫大な利息を支払い続けるか、自己破産や任意整理などになってしまう場合もあります。

 

今では若者に人気のオンラインゲームなどでも、クレジットカードの決済は当たり前になっています。このようなゲームにのめりこんでいるいる人の話を聞くと、ゲームに熱中するとあっという間に多額の課金をカード決済でしてしまうそうです。

 

しかもリボ払いで満額一杯まで課金してしまうので、後で後悔するそうです。最近では子供が親のクレジットカードを使い問題になっているケースも多発しています。

 

これなども借金して買い物をしているという自覚がありませんし、将来的に返済のことを考えて借入しているわけではないので、必ず問題が起きてきます。

 

やはり子供の頃からの金融教育の不足によって、感情に任せた買い物を続けたり、収入と支出を客観的に把握したり、といったことができなくなっているのが問題です。

 

これに関しては、金融教育が盛んと言われる欧米でも同じような問題が起きています。もちろん中流以上の国民はお金の教育を受けているので、おかしな浪費をコントロールできる人は多いのですが、貧困層などで日本と同じような無知によるトラブルが多く見られます。

 

これは大人になってからお金持ちになった有名スポーツ選手でも、同様の傾向があります。特に貧困層から成り上がったスポーツ選手などは、数十億円から数百億円も現役時代に稼いでいても破産してしまう例も後を絶ちません。

 

やはりこのような問題を防ぐためにも、お金に関する情報全般にもっと積極的に接していくことが大切です。キャッシングも計画的な利用なら賢く活用することもできます。

 

そこで当サイトでは、簡単な日常の生活からクレジットカードや即日融資可能なキャッシングについて、経済問題など、様々なお金の問題を取り扱っていく予定です。

 

2014/12/13 13:44:13 |
株や債権への投資は、最悪の場合は価値がゼロになり、投入した資金の全てを失ってしまいます。ところが不動産や金、プラチナなどの現物資産は、価値が下落することはあってもまったくなくなってしまうことはありません。そのためリスク回避の意味からも、収入の一部を現物資産への長期投資で積み立てていくのはお勧めできる方法です。実際に世界の富豪たちも同じように現物資産への長期投資を行っていますので、それを真似すれば資産の構築には役立ちます。ただ世界の富豪のように、一般人が良質な不動産情報などが入ってくるわけではないので、誰でも購入できる金やプラチナなどを選択した方がいいいです。特に金は、月々3千位から積立投資がで...
2014/10/18 13:28:18 |
以前では考えられませんでしたが、今では即日融資可能なキャッシング業者というのも増えていますね。普通は金融機関が休業日の土日や祝日でも対応している消費者金融や、カードローン会社がいくつかあるので、緊急の時はそこから選んで申込みをしたほうがいいです。私も土日に急な出費でお金が足りなくなり、プロミスの自動契約機でキャッシングをしたことがあります。その時は少し焦り気味でしたが、オペレーターの人も親切に質問に答えてくれてスムーズにカード発行をすることができました。その後は、備え付けの専用ATMで借入をすることができました。審査も30分ほどで終了したので、かなり予想より速く手続きをすることができました。今...
2014/10/17 22:21:17 |
資産を増やしていくためには、まずは支出を抑えることと紹介しましたが、収入を増やしていくことも大切です。もちろん本業の収入を増やしていくのが一番ですが、自営業や自分の会社を持っている場合以外はコントロールが難しいですね。私も今は自分のビジネスを持っているですが、以前はサラリーマンをしていたので良く分かります。会社員や公務員はリスクに関してはかなり低いのですが、大きく稼ぐのは難しいですね。実際に1万円昇給しようと思ったら、かなり大変という会社が多いでしょう。特に管理部門などにいると、本当に上げていくのが困難なはずです。そこで副業の出番です。副業で月に1万円を稼ぐのは訳のないことです。ただ何でもいい...
2014/10/16 22:17:16 |
お金が一番貯まらない人は、何か収入が入るとすべて使ってしまうという傾向があります。これは子供の頃からの習慣がかなり影響しています。子供の頃にお小遣いをもらったらすべて短期間に使い切っていた人は、成人になってからも同じ傾向が続くというのが判明しています。もちろん成長過程のどこかで改善出来る人もいますが、小さい頃の教育はすごく大切です。もしあなたに子供がいる場合は、小学生以上になったらお小遣い帳を付けさせてください。もちろん始めたころは、親が一緒に記入を手伝っても問題ありません。お小遣い帳というのは、お金を貯めるものというよりも、支出入をコントロールする力を付けることができるのです。これを勘違いし...
2014/10/15 21:13:15 |
私は、消費者金融やカードローンのキャッシング自体を否定はしません。実際、自分自身若い頃は、急な引越しが必要になった時や、結婚式の出席が続いた時など、消費者金融のプロミスを利用したことがあります。ただその代わりに、借りる前に返済計画などを立ててから借入をするようにしていました。具体的には月々いくらずつ返済するか事前に決めておいて、ボーナス月にはまとまて完済する、というようなことを逆算して決断してからキャッシングをしました。もちろん貯金をしておけば良かったのでしょうが、私は奨学金の繰り上げ返済をなるべくするようにしていたので、当時は貯金などはほとんどありませんでした。そのような時に突発的な出費が必...