消費者金融やカードローンのキャッシングはまず返済期限を考える

私は、消費者金融やカードローンのキャッシング自体を否定はしません。実際、自分自身若い頃は、急な引越しが必要になった時や、結婚式の出席が続いた時など、消費者金融のプロミスを利用したことがあります。

 

ただその代わりに、借りる前に返済計画などを立ててから借入をするようにしていました。具体的には月々いくらずつ返済するか事前に決めておいて、ボーナス月にはまとまて完済する、というようなことを逆算して決断してからキャッシングをしました。

 

もちろん貯金をしておけば良かったのでしょうが、私は奨学金の繰り上げ返済をなるべくするようにしていたので、当時は貯金などはほとんどありませんでした。

 

そのような時に突発的な出費が必要な時のみ、キャッシングを利用していたのです。もちろんなるべく短期間で返済するようにしていましたし、浪費的なものに借入することはなかったので、その選択は正しかったと思います。

 

計算してもたいして総額の利息は支払っていませんし、結果的に奨学金もかなり早めに完済することができました。

 

もしあの時に、万が一に備えて貯金をある程度するようにしていたら、結局そのお金は死に金になっていたので、奨学金の返済も遅れていたでしょう。

 

そう考えると、消費者金融やカードローンのスポット的な利用というのはお勧めできます。もしあなたが借金がある場合は、もしものための貯金などをせずに、必ず借金の返済を優先してください。

 

そして普段の生活レベルを超える出費があったときのみ、短期の借入をするということです。そしてキャッシングの方は先延ばししないで短期間で済ませるために、事前に返済期限を考えるようにするのです。

 

今では例えば私が利用したプロミスなら、公式サイトを見ると「返済シミュレーション」というツールがあります。それを使うと月々の返済額などを計算することができます。

 

これをしていけば、消費者金融を上手く利用して生活に取り入れることができるのです。逆に返済を必要以上に先延ばししていくと、どんどんと利息が積み上がっていくので、最終的にかなりの金額を支払わないといけなくなります。

 

業者からすれば良いお客さんかもしれませんが、これではただお金を貢いでいるだけです。

 

必ず自分で、期限をコントロールしながらキャッシングの利用をしていきましょう。