収入の一定額を金やプラチナに現物投資

株や債権への投資は、最悪の場合は価値がゼロになり、投入した資金の全てを失ってしまいます。ところが不動産や金、プラチナなどの現物資産は、価値が下落することはあってもまったくなくなってしまうことはありません。

 

そのためリスク回避の意味からも、収入の一部を現物資産への長期投資で積み立てていくのはお勧めできる方法です。実際に世界の富豪たちも同じように現物資産への長期投資を行っていますので、それを真似すれば資産の構築には役立ちます。

 

ただ世界の富豪のように、一般人が良質な不動産情報などが入ってくるわけではないので、誰でも購入できる金やプラチナなどを選択した方がいいいです。

 

特に金は、月々3千位から積立投資ができる会社がたくさんあるので、第一選択として検討してみる価値はあります。不動産はどうしても金額が高いので、借金をして行わないといけないので危険が伴います。

 

そして有利な案件は業者が最初に購入してしまい、その後一般人には大幅に価格を上乗せして販売するというスタイルなので、一般人が利益を上げるのは難しいのです。

 

それでも成功している人はいますが、かなりの勉強と目利きの能力、物件管理能力などが必要なので本気で取り組みたい人以外は手を出さないほうがいいです。

 

これが金になれば、一般の人でも同じ条件で投資できるので魅力があるのです。ただし短期的には大きく変動しますし、短期で売買するとギャンブルになってしまうので長期の積立投資で必ず行うようにします。

 

個人的には自分で積み立てる年金を作る、というイメージでいいのではないでしょうか。金は長期的に見ると、ずっと値上がりしているので、20年〜30年単位で考えていけば高い確率で資産を構築することができます。

 

ポイントはドルコスト平均法で、一時的な暴落などがあってもたんたんと一定額を購入し続けることです。ここで焦ってすべて売却などしてしまうと大損をしてしまい意味がありません。

 

感情を入れずに長期の投資をしていくのがコツになります。

 

ただ配当金などはないので、あくまで投資先の一部という位置づけで行うほうがいいでしょう。通貨が暴落したときにも金を保有していれば役立ってくれるので保有し続けることのメリットはあります。

 

現物投資は、資産を構築するためのポートフォリオの一つとして考えてみることをお勧めします。